あまりにも異なりすぎているゆえに傷口として合わす唇(谷栖理衣)

 

BL短歌合同誌名ばかり主催の谷栖です。BL短歌を詠むとき、そこにいる「ぼく」は確かに自分とは違うのだけど、どこか自分であるような感覚があります。
境界があいまいだったり色々なものに成れるという感覚、その危うさを留め置いた結晶を短歌にしました。それをこのような形で共有できるのが嬉しいです。