微熱アリアスファルト溶け溺れゆく氷砂糖を口移しにし(孤伏澤つたゐ)

 

オートマタめいた少年と彼等が交わす宇宙論、そんなものを愛でつつ静かに暮らしています。